ニコンD7000クリアフィルター換装改造について

デジタル一眼レフカメラの純正ローパスフィルターと色補正フィルターを取り外し、その場所にクリアフィルターに交換することにより、ボディマウントの中(FFフィルター)またはレンズ部等にいろいろな特性のフィルターを取り付けることにより目的に応じた撮影が可能になります。
今回の改造はローパスフィルターを取り外していますので、撮影対象物によってはモアレが発生しやすくなりますが、解像度が上がるかもしれません。一般撮影の場合には色補正フィルター(VLCフィルター等)を使用します。
また、セルフクリーニング機能の超音波振動用に使用しているフィルターは赤外カットされていますので、この部分のセルフクリーニング機能を外していますので、超音波振動によるゴミ対策は出来ません。
このカメラは自己責任?で改造していますので、メーカーの保証は、保証期間内でも受けられませんのでご了承ください。

赤外フィルター換装改造(赤外写真専用)について

D5100用FFフィルター枠について

クリア改造ボディ用スライド式フィルターアダプター

D7000用FFフィルター完成

※ニコン用FFフィルター枠は、発案者・瀬尾電子工業(株)の承諾を得て光映舎で製作しております。
※FFフィルターに使用しているフィルターは、Hαフィルター・IR760赤外フィルターはKoheisha製。LPS-P2、LPS-D1およびHEUIB-2フィルター基板はIDAS製です。

ニコンD7000用FFフィルターについて
FFフィルター取り付け例
写真は色補正フィルターです。クリア改造の場合の一般撮影用です。
カメラ純正のフィルターは、ローパスフィルターと色補正フィルターを接着しています。
上記のD7000は、クリア改造で色補正FFフィルターを取り付けることにより、一般撮影が可能になります。
ニコンD7000用FF枠・左から色補正フィルター・LPS-P2・Hα・IR760のFFフィルターです。
LPS-P2-FF(LPS-D1-FF)フィルターは未改造のカメラも使用可能です。
Hα・色補正フィルターは、クリア改造または赤外カット(Hα透過)改造を行ったカメラに使用できます。
ニコン用FF枠はD7000用以外に現在4種類製作されています。
Hαフィルター・IR760赤外フィルター・色補正フィルターはKoheisha製。LPS-P2(LPS-D1)フィルターはIDAS製です。
※LPS-P2は新・光害カットフィルターLPS-D1に変更になっております。

ニコンレンズの場合、そのままでは取り付けできないレンズもあります。レンズの種類によりレンズマウントの後ろに1カ所出っ張りが高いのがあります。この場合FFフィルターに当たるため取り付けできません。
その場合は、写真のように出っ張りをヤスリ等で削り落とせば取り付けできます。この部分は樹脂でできていますのでヤスリを使用すればきれいに上がります。
リング面(実際には自動絞り連動レバー)よりも高くならない状態まで削ります。
周辺の3本のピス(他にもありますので間違わないように)を外せばリングだけ取り外しできます。これによりほとんどのニコンレンズが使用できることと思われます。
全てのレンズを調べていませんのでほとんどのニコンレンズと表現しました。
この出っ張りは、広角レンズ等の場合、後玉レンズがマウント面より突き出ている場合、レンズを平面上に置いたときに、後玉のレンズに傷が付かないようにしていると思われますが、実際のことは判りません。
そのために削り落としても問題ないとしていますが、自己責任で行ってください。
ニコンのほとんどのレンズにもこの出っ張りがありますが、自動絞り連動レバーより高くなっていない場合は、FFフィルターと干渉しないのでFFフィルター使用時もレンズが取り付けできます。

FFフィルター作例

FFフィルター作例;カメラ:ニコンD7000Clear換装改造、レンズ:18〜55mm(18mmで使用)、WB:太陽光、露出・フォーカス共にオート
写真上:Clear換装、FFフィルター無し 写真上:色補正フィルター使用。一般撮影用としてのFFフィルター。
写真左:IR760-FFカラー画像、右:そのグレースケール。フォーカスはライブビューによるオートフォーカス。
※十分に赤外写真の効果があります。
※IR760フィルター使用の場合は、ファインダーでは確認できませんので、ライブビューを使用します。ライブビュー使用で確認でき、フォーカス可能です。
上の写真のみカメラはEOS Kiss X2 Clear換装改造。Hα-FFフィルター使用。ε-160


クリアフィルター組み込み改造カメラ:ニコンD7000 特注で製作した各種フィルター
左から、
IR83(830nm)
IR78(780nm)
色補正フィルター
フィルターサイズ:M52、レンズ18〜55mm等


※クリアフィルター換装改造依頼の場合、天体用改造・赤外改造と間違わないために、必ず「クリアフィルター組み込み改造」と明記してボディと一緒にお送り下さいますようお願い致します。
※お送り頂く場合、できる限り「ヤマト便」をご利用頂きたくお願い致します。一部の宅配便では予定通り受け取ることができないこともありました。ヤマト便以外を利用する場合は事前にご連絡頂きますようお願い致します。

クリアフィルター組み込み改造料金について

ニコンD7000クリアフィルター組み込み改造料金
改造の内容 価 格(税込み) 備考
クリアフィルター組み込み改造料金 ¥38,000(税込¥41,040) ボディをお預かりして、クリアフィルター組み込み改造致します。
不良が無いことを確認してお送りください。改造ボディに関する保証は出来ません。
バッテリーはフル充電してボディの中に入れておいてください。
メモリーは必要有りません。ストラップは外しておいてください。
改造期間は通常約2週間です。
ニコンD7000クリアフィルター組み込み改造ボディ
 (新品のボディを改造しています。)
¥105,000 1台在庫あります。1台即納可能です。
D7000カメラボディの価格とクリアフィルター組み込みの料金です。
保証については、初期不良として4ヶ月です。
改造ボディは、ボディを入手してから改造しますので、受注後約3週間です。
※ニコンD7000クリアフィルター組み込み改造は、ダスト機能の部分とCMOS直前のフィルターを取り外して、クリアフィルターをCMOSの直前に設けるためにダスト機能は使えません。
フィルター価格:ニコンD7000用FFフィルター・FF枠付 ※FFフィルターD5100用はD7000と同じです。
フィルターの種類 サイズ 価 格(税込) 備  考
一般撮影用
色補正フィルター FF枠 ¥20,000(税込¥21,600) 一般撮影用。クリアフィルター換装および天体用赤外カット(Hα透過)フィルター換装ボディに使用できます。純正の内蔵フィルター(ローパス無し)と近い特性。
赤外撮影用
赤外フィルターIR760 FF枠 ¥30,000(税込¥32,400) 赤外フィルター(760nm)。クリアフィルター換装ボディに使用できます。ファインダーは使用できませんので、ライブビューで確認可能です。
天体写真撮影用    
LPS-P2 FF枠 ¥20,000(税込¥21,600) 光害カットフィルター。天体用です。クリアフィルター換装、天体用赤外カット(Hα透過)フィルター換装ボディおよび未改造ボディに使用できます。
LPS-D1 FF枠 ¥20,000(税込¥21,600) 新・光害カットフィルター。天体用です。クリアフィルター換装、天体用赤外カット(Hα透過)フィルター換装ボディおよび未改造ボディに使用できます。
HEUIB-II
FF枠 ¥20,000(税込¥21,600) Hαを強調した天体用赤外カットフィルター。赤カブリを低減しHα星雲を強調します。クリア換装ボディをお薦めいたします。そのほかのボディはお薦めできません。
Hαフィルター FF枠 ¥30,000(税込¥32,400) Hα撮影用。天体用です。クリアフィルター換装および天体用赤外カット(Hα透過)フィルター換装ボディに使用できます。ファインダーは使用できません。
※干渉フィルターは、入射角15°より広角では短波長側に特性がシフトしますので使用できません。レンズの前に取り付けた場合、APSサイズで約50mmより広角(フルサイズ換算で約f=80mmより広角レンズ)使用の場合ご希望のフィルター特性が得られません。FFフィルターはレンズの後玉(マウント内)に配置しますので、後玉からフィルターに入る角度(入射角)が小さいですので、広角レンズも使用可能です。
フィルター価格:円形フィルター
フィルターの種類 サイズ 価 格(税込) 備  考
一般撮影用
色補正フィルター M52 ¥22,000(税込¥23,760) 一般撮影用。フィルターサイズはM52のみ。
赤外撮影用
IR78(780nm) M52 ¥16,000(税込¥17,280) 赤外フィルター(780nm)。他のフィルターサイズもあります。
IR83(830nm) M52 ¥16,000(税込¥17,280) 赤外フィルター(830nm)。他のフィルターサイズもあります。
天体写真撮影用    
LPS-D1 M52 ¥20,000(税込¥21,600) 新・光害カットフィルター。他のフィルターサイズもあります。
HEUIB-II M52 ¥20,000(税込¥21,600) 赤外カットフィルター(Hα透過)
  


ご注文・お見積は、郵便番号・住所、お名前、電話番号等をご記入の上、メールにてお申し込み下さい。
e-mail


光映舎ホームページのトップに戻る