IDAS LPS-D2


IDAS LPS-D2は、LED光害を抑制する世界初の天文用光害カットフィルターです。
LEDと同時に高圧ナトリウム灯、低圧ナトリウム灯の光害も抑制します。
ワンショットカラー冷却カメラに使用すると、従来の光害カット(LPS-V4を除く)に比べ青被りを低減できます。

LPS-D2は、LPS-D1、LPS-V4、HEUIB-II等で採用している IGAD(Ion-Gun Assist Deposition)によりコーティングされています。
IGADは干渉フィルターの心臓部である多層薄膜を高密度化するもので、従来の多層薄膜で得られない以下の物性が得られます。
   1、薄膜の耐久性が更に良くなりました。各フィルターの薄膜の硬さは石英ガラスに匹敵します。
     また、多層薄膜とフィルター基板の密着性も著しく改善されています。
   2、温度、湿度による分光特性の経時変化は人間が生活している環境内では全くと言って良いほどありません。



※水銀灯光害との相性
下記グラフのように水銀灯の輝線数の3/5をカットしますが、透過している436nmと547nmの二つの輝線はカメラの高感度波長域に有り、実質1/3の輝線数しかカットしていません。このため水銀灯や蛍光灯光害下ではシアンや緑の被りとなります。




※ 本製品は干渉フィルターです。光線入射角による分光特性の変化があります。
  下記ご利用方法をお読みください。
レンズの前方にLPS-D2を配置した時。
光線入射角17゜(画角34゜)以内のレンズでご利用ください。

レンズとカメラ間にLPS-D2を配置した時。(MFA、EOS-MFA 37mm、FFなど)
カメラの撮像素子サイズがAPS-C、バックフォーカス(※)40mm以上、F値2以上以のレンズを使用すれば、光線入射角は20゜を超える事はなく、フィルターに対する光束の平均最大入射角は約17゜以内に収まります。
上記機材条件であればレンズの画角制限はほぼ無くなります。
28mmF2.8 50mmF2.0 

※フランジバックフォーカスではありません。